靴の選び方

PC用の画像 SP用の画像

サンダル・ミュールのサイズの選び方は?
足のサイズの測り方も併せて解説します。

今からの時期に活躍するミュールやサンダルは、
アイテムによって小さめサイズを選んだ方が良い場合や、
大きめサイズを選んだ方が良い場合など様々あります。
実際にはどのようにサイズを選べば良いのか、
サイズの測り方と併せて解説します!

まずは自分のサイズを知ろう
KNOW YOUR SIZE

自分の足のサイズは「普段は23.0か23.5を履いてるから、23cmくらいかな」程度の認識の人が大半ではないでしょうか?
靴のサイズ選びは自分の足のサイズを知ることが重要です。

正しい足のサイズの測り方

01.足長(サイズ)を測る
02.足幅を測る
03.靴のサイズ表で確認する

PC用の画像
SP用の画像

01

足長を測る

かかとからつま先までの長さ

STEP.01

紙の真ん中に縦線(①)と横線(②)を引きます。

STEP.02

紙の横線に、背表紙の高い本、又は箱を合わせておきます。
かかとの中心と人差し指を中心線に置き、本の背にかかとの一番出っ張っている部分を合わせ、紙の上に直立の姿勢で立ちます。

STEP.03

本をかかとから離し、今度は指に当たる位置で縦線と垂直に本を置きます。
足を抜いて本を置いていた位置に印をつけます。

STEP.03

横の線(かかと)から印の位置(一番長い指先)までの測定値が足長です。

02

足幅を測る

STEP.01

親指の付け根の一番出っ張っているところ(①)と、小指の付け根の一番出っ張っているところ(②)に、中心線に対して平行に本を置きます。

STEP.02

親指の付け根の一番出っ張っているところと、小指の付け根の一番出っ張っているところに印を付け長さを測ります。

03

靴のサイズ表で確認する

「靴のサイズ表」から、目安となる靴幅を確認します。
01.下の表から先ほど測った足長(サイズ)の箇所をクリック
02.選択した行の中から更に先ほど測った足幅をクリック
03.クリックした上にあるアルファベットがあなたの足タイプになります

足長(cm) 足幅
実寸 表示 B C D E 2E 3E
20.1~20.5 20.5 8.1 8.3 8.5 8.7 8.9 9.1
20.6~21.0 21.0 8.2 8.4 8.6 8.8 9.1 9.3
21.1~21.5 21.5 8.3 8.6 8.8 9.0 9.2 9.4
21.6~22.0 22.0 8.5 8.7 8.9 9.1 9.3 9.5
22.1~22.5 22.5 8.6 8.8 9.0 9.2 9.4 9.6
22.6~23.0 23.0 8.7 8.9 9.1 9.4 9.6 9.8
23.1~23.5 23.5 8.9 9.1 9.3 9.5 9.7 9.9
23.6~24.0 24.0 9.0 9.2 9.4 9.6 9.8 10.0
24.1~24.5 24.5 9.1 9.3 9.5 9.7 9.9 10.1
24.6~25.0 25.0 9.2 9.4 9.6 9.9 10.1 10.3
25.1~25.5 25.5 9.4 9.6 9.8 10.0 10.2 10.4
25.6~26.0 26.0 9.5 9.7 9.9 10.1 10.3 10.5
26.1~26.5 26.5 9.6 9.8 10.0 10.2 10.4 10.7


サンダルのサイズ選び
CHOOSE A SIZE 

当店のサンダルのサイズ展開のほとんどがS.M.L.LLの表記になっています。
デザインによって各サイズの対応cmが異なるので、必ず商品ページのサイズ詳細をご確認ください。
上記で測った足のサイズと普段履いている靴のサイズを踏まえて、少し大きめサイズを選ぶか少し小さめサイズを選ぶかは、デザインによって決めます。
それでは、どのようなデザインなら少し大きめが良いのか、少し小さめが良いのかを解説します。

少し小さめサイズを選んだ方が
良いサンダルデザインは?

ヒールのあるサンダルは少し小さめサイズを選んだ方が良いでしょう。
サンダルよりかかとが2~3mmはみ出ているくらいが綺麗に見えるポイントです。
体重が前にかかり、かかとが余ってしまうと野暮ったくなります。
特に華奢なデザインやヒールが細くて高いものでかかとが余ってしまうと、全体のバランスや美脚効果も台無しです。
ここで気を付けたいのは、つま先部分のデザイン。小さめサイズだとキツく感じることもあります。
上記で測った足の幅も参考にして、デザインに合ったサイズを選びましょう。
あなたの足の特徴に似た足のスタッフが当店にも居るかもしれません。
スタッフコメントを参考にしてサイズを選ぶこともお勧めです。





少し大きめサイズを選んだ方が
良いサンダルデザインは?

つま先の覆われたミュールパンプスタイプ、またはオープントゥの開きが狭いデザインの場合は少し大きめを選ぶと良いでしょう。
ヒールがあると体重が前にかかって、履いているうちにつま先が圧迫されてしまいます。
中敷きが滑りやすい場合は足が中滑りしないようにジェルパッドや滑り止めステッカーを貼ると安心です。





ジャストサイズが良い
サンダルデザインは?

ソールに高低のないフラットサンダルは体重が前にかかることもないので、ジャストサイズを選びましょう。
ベルトで甲を調整できるタイプも、ピッタリ合わせて履くことが出来るのでジャストサイズで問題ないです。
スポーツサンダルも素足で履くならジャストサイズが良いですが、ソックスを合わせるならソックスの厚みも考慮してサイズを選びましょう。
スポーツサンダルはベルトでサイズ調整できるのでしっかりホールドされて歩きやすいかどうかもサイズ選びのポイントになります。

春~秋にかけて長く使えるサンダル。せっかく可愛いデザインを選んでも足に合わずに靴ズレになってしまったり、不格好な歩き方になってしまうのは残念ですね。
同じメーカーやブランドでも、素材やデザインによってフィット感が異なることがあります。
まずはご自身の足のサイズを把握すること、そしてデザインに合ったサイズを選んで足元からお洒落を楽しんでください。

SP用の画像
PC用の画像