共通ログイン
無題ドキュメント RANDA oteire

合成皮革
  特徴 お手入れ 保管方法
防水性、耐水性に優れています。
スムース素材は、外観を天然皮革のような風合いに加工してある素材です。
靴についているほこりや泥をブラシなどで隅々まで落とします。 軽い汚れは湿った布で軽く拭き取ってください。 汚れがひどい時は靴クリーナーをご使用ください。 合成皮革の靴は湿気、熱が苦手です。風通しの良い日陰に保管してあげましょう。
スエード素材のような風合いに仕上げた素材です。
多少の色落ちがあります。
ブラシで起毛についているほこりや泥を隅々まで落とします。力を入れてこすらないように注意してください。
全体的に汚れた時は、スエードクリーナーで汚れを浮かせ、軽く湿らせた布で泡と汚れを拭き取ります。

※一般のアルコールやベンジン類、その他の溶剤は使用しないでください。劣化の原因となります。
合成皮革の靴は湿気、熱が苦手です。風通しの良い日陰に保管してあげましょう。
防水性、耐水性に優れています。 @靴についているほこりや泥をブラシなどで隅々まで落とします。

A軽い汚れは湿った布で軽く拭き取ってください。
汚れがひどい時は靴クリーナーをご使用ください。

Bエナメル専用のクリームで仕上げると光沢感が長持ちします。

※傷が付きやすいのでブラシではなく柔らかい布を使用するほうが良いでしょう。
※一般のアルコールやベンジン類、その他の溶剤は使用しないでください。劣化の原因となります。
合成皮革の靴は湿気、熱が苦手です。
風通しの良い日陰に保管してあげましょう。
本革
  特徴 お手入れ 保管方法
一般的に革の表面の銀層を平らにした革で。
硬いものからソフトなものまで様々な種類があります。
@靴全体、細かい部分をブラシでブラッシングしてホコリを落とします。

A布にクリーナーを取り、少しもんで馴染ませてから、塗り伸ばします。

B少量の乳化性の靴クリームを数回に分けて塗布します。

C靴クリームを靴全体に馴染ませるためにブラッシングします。

※防水スプレーは水分だけでなく油分からも靴を守り、汚れを付きにくくする効果も あるので、履き下ろす前にも散布する事がお勧めです。
表面についた汚れやホコリをしっかりとってから保管してください。

雑菌が付着したままの保管がトラブルの原因になります。

革は湿気に弱いため、不織布に入れて保管されることをおすすめします。
カビやべたつきを防いでくれます。
革の裏面側をサンドペーパーでバフした革のことをさします。

ベルベット状に起毛させた革で、毛足が短く、ソフトなものほどより上質なスエードとされます。
@ブラシで最初に毛足を逆立てるようにしてホコリを払い、 次に毛足にそってブラシをかけ毛並みをととのえます。

Aスエード用栄養スプレーを散布しブラッシングします。

B防水スプレーで毛足を保護します。

                                           ※防水スプレーは水分だけでなく油分からも靴を守り、汚れを付きにくくする効果も あるので、履き下ろす前にも散布する事がお勧めです。
表面についた汚れやホコリをしっかりとってから保管してください。

見た目には特に汚れが見られなくても、起毛革は汚れが付きやすいのでしっかりブラッシングをしてください。

特に紫外線に弱く、変色が起こりやすいため不織布にいれ、靴箱に入れるか、光の当たらない場所での保管がおすすめです。
銀付き革の銀面に、ニスまたは樹脂を塗って光沢を出してます。

独特のツヤをもつ光沢と硬質感が特徴で水をはじきます。
エナメル革用のツヤだしローションを適量ムラなく塗って、柔らかい布で磨いてください。 エナメル皮革は温度の変化に弱い、デリケートな素材です。

高温な場所に保管すると表面がベタ付いてしまい、極寒な場所ではひび割れを起こします。

一度そのような状態になると修復ができなくなってしまうので、定期的にエナメル靴用のローションを使いお手入れをしてください。
ハラコとは、胎児〜生後間もないほどの子牛の革を指します。
短い毛のついた素材で独自の風合いがあります。

しかしハラコは最高級素材であり、ポニーなどをハラコと称して使用していることが多数を占めています。
靴ブラシで毛並みに沿って 優しくブラッシングして皮革に付着した ホコリや汚れを払い落とします。

スエード、ヌバック用の栄養スプレーで 皮革本体に栄養を補給し、表面(毛)を保護してください。
表面についた汚れやホコリをしっかりとってから保管してください。

雑菌が付着したままの保管がトラブルの原因になります。
革は湿気に弱いため、不織布に入れて保管されることをおすすめします。
カビやべたつきを防いでくれます。
その他
  特徴 お手入れ 保管方法
吸湿性・吸水性に優れています。

色落ち・色移りがしやすいものがあります。
水拭きは色落ちする可能性があるので避けましょう。

乾いた柔らかい布で乾拭きし、靴専用のブラシで汚れを落としてください。
表面の劣化を促進させたりカビが発生するおそれがありますので、高温多湿の場所は避けてください。

直射日光を長時間当てると、表面が色あせて変色する場合があります。

また、色落ちして素材の色が移る場合があるので、保管するときは他の靴と間隔をあけてください。
生地の上にラメやホログラムのグリッターの粒がのっている素材をさします。

グリッターの粒には様々な大きさがあり、光沢感が異なります。
柔らかいブラシで軽くブラッシックングをし、汚れを落としてください。

※強くブラッシングをするとラメが剥がれる恐れがあります。
摩擦や衝撃でラメが剥がれる恐れがあるので、保存袋や靴箱にいれて保管してください。
本物の毛皮を模したもので、材料は主に化学繊維で羊毛、モヘア、アルパカなども用います。

本物に比べ、丈夫で安く、動物愛護の高まりから様々な分野で多用されています。
着用後は、毛並みに沿ってブラッシングをしてください。乾いたガーゼなどで毛並みに沿って拭いてください。

※濡れてしまったら、タオルで水分を取り除いて陰干しし、乾いたら毛並みの方向にブラッシングしながら、低温で軽くドライヤーをかけると毛がフワっとします。
表面についた汚れやホコリをしっかりとってから保管してください。




雨の日のお手入れ

お手入れ 保管方法
履く前に、防水スプレーをご使用下さい。
シミになる可能性があるため、目立たない部分で試してから、全体に使用してください。
ご使用になる防水スプレーの使用方法を必ずご確認下さい。
10p〜15p離して全体にかけてください。(必ず、屋外等で換気しながらご使用下さい。)
雨の日の使用後は、表面の水気を拭き取り、直射日光は避け、通気性の良い場所でしっかりと乾かしてください。
※濡れたまま収納してしまうと、カビや劣化の原因になります。
汚れ防止の為にも、定期的に、お手入れをして防水スプレーを使用することをオススメします。



靴は生活するのに欠かせない大切なパートナーです。日々のお手入れで守ってあげましょう。